歯科でキレイな歯に

歯科で歯の色の老化を防ぐ

歯科で白い歯を手に入れる

口の中の状態が年齢と共に変わってきます。歯茎が下がってくるため歯が長く見えたり、歯の色も昔は白い色をしていたのに年齢とともに黄ばんだようになってきます。これは特に何かを食べたというわけではなく、歯のエナメル層が薄くなってきたためです。コーヒーを飲んだり、お茶、ワインなどの嗜好品、タバコをすえばもっと歯の色は汚れてきます。そんなときアンチエイジングを兼ねて歯科でPMTCを受けると、歯がきれいになります。歯石をとるだけで歯が引き締まるし、希望によっては薬剤で歯を白くすることができます。審美歯科でホワイトニングをやっていることもあります。

PMTCで歯のアンチエイジング

いつまでも白い歯でにっこり笑うと、若々しいイメージを受けます。しかし年齢と共に歯茎が下がるし、歯のエナメル層が薄くなるため歯が黄ばんで見えることがあります。白い歯を取り戻したいと思ったら、審美歯科へ行きPMTCの治療を受けるときれいな白い歯を取り戻せます。白くて健康な歯はアンチエイジングにも一役買うし、笑顔に自信が持てると、気持ちも明るくなり精神的にもよい効果をもたらすことができます。審美歯科では単に虫歯を治療するのではなく、歯の状態をきれいにすることを目的にしているのでホワイトニング、歯のエステなども治療することができます。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科で歯の色の老化を防ぐ All rights reserved